家づくりって結局どこに頼めばいいの? 〜その4〜

posted in: webmaga | 0
isさん:
こんにちは、is moreのisです(^o^)
moreさん:
こんにちは、同じくmoreです。
isさん:
家を建てる際の依頼先を解説。
「ハウスメーカー」「工務店」、それぞれのメリットデメリットをお話しいただきました。
今回は最後「建築家(設計事務所)」ですね!
moreさん:
はい。
まず、「建築家」や「設計事務所」は、基本的に設計と工事監理を請け負います。
施工業者はまた別になるんですね。
isさん:
えっ!?
へ〜、家のデザインをしてもらえるけど、それを建てるのは別の会社ってことですか…。
055photo-1
moreさん:
建築家は、空間デザインのプロフェッショナルです。
相談に来た家族が暮らしやすい家はどんな家か、ライフスタイルにぴったりの住空間を考え、設計図で表現するのが仕事です。
工事そのものに対しての制約を受けないので、「こんな家にして欲しい」「デザイン性の高い家がいい」といった要望を追求することもできます。
isさん:
おしゃれな家とか際立ってかっこいい家なんかは、建築家がデザインしましたっての、けっこう雑誌で見かけますね〜。
055photo-2
moreさん:
本当にオリジナルな自分のための家を設計してくれる、という最大の強みはもちろんのこと、工事の際は、第三者の立場から厳しい目で工事監理をしてくれるというメリットもあります。
ほかにも、複数の施工業者から見積もりをとったり、それぞれの案件に適した業者を選択できるという特徴もあるでしょう。
ただ、発注する側が建築家とのコンタクトそのものに尻込みしてしまう場合もあります。
isさん:
そうです!そうです!
建築家に依頼ってなったら「設計料は高そう」とか、そもそも「敷居が高い」って感じがしますもん。
事実、デザインは建築家で施工は別の会社…それぞれにお金がかかってコストが…てなりますね…。
moreさん:
また、打合せに時間がかかったり、自由度が高いぶん何度も何度も打合せを重ねることで、さらにコストが上がってしまう可能性もあります。
デザインやプランの自由度を優先するなら建築家にお願いしたい。
でもちょっと敷居が高いしコストの面でも不安…という感じでしょうか。
055photo-3
isさん:
なるほど〜。
それぞれの特徴を見てきましたけど…、どれも一長一短って感じですね〜。
moreさん:
そうですね。
「家づくりはここに頼むべし!」と決められないのが正直なところです…。
せっかくのご質問ですが、明確に「ここだ!」とは答えられません。
やはり、どんなふうに家づくりをしたいか、どんな家を建てたいか、によって適した依頼先は異なりますね。
例えばですが、「プランへのこだわりはそんなにないから、家づくりを安心してオールインワンでお願いしたい」「モデルハウスと同じあの家が欲しい」という方は、ハウスメーカーへ。
「しっかりした施工技術と経験で、自分たちだけの家を予算と相談しながらつくって欲しい」という方は、工務店へ。
「自分たちの暮らしにぴったりの個性的なプランとデザインを優先したい」という方は、設計事務所へ、といったところでしょうか。
isさん:
うう〜、非常に悩ましいところです〜。
moreさん:
ただ、第4の方法として、工務店と建築家(設計事務所)のいいとこどりをする、というのも現実的なひとつのやり方です。
isさん:
え!?
そんな方法もあるんですか?
moreさん:
ハウスメーカーの場合は、パッケージングされた自社製品を販売することになるので、そのようなやり方はできませんが、設計と工事監理をする「建築家(設計事務所)」と、建築施工を請け負う「工務店」は、セットにすることが可能です。
建築家のプランニング力とデザイン力、工務店の施工技術とコスト感覚と地域密着のノウハウを組み合わせることができれば、ベストな発注ができると思いませんか?
isさん:
いや確かにそうですが〜…。
moreさん:
そんな発想で、R+house(http://www.r-plus-house.jp/)というところは、建築家と地域の工務店がタッグを組むという仕組みを採用しています。
自由度の高いデザインとプランで住む人のための家を考え、設計し、地元の工務店の技術力とシビアなコスト感覚でつくりあげる。
これもひとつの家づくりの方法なのです。
isさん:
へー、これは是非参考にさせてもらわないと!
moreさん:
もちろん、ここで取りあえげた特徴が、すべてのハウスメーカー、工務店、建築家(設計事務所)にあてはまるわけではありません。
「ウチはそうじゃない!」という会社もたくさんあるでしょう。
「そのデメリットはウチはこう解消しています」というアイディアを持つ会社もあるでしょう。
長く家づくりに携わってきた会社や建築家には、それぞれにちゃんと特徴があり強みがあります。
まずは、自分のアンテナにピピッときたところに問い合わせをしてみてはどうでしょうか。
モデルハウスやオープンハウスに足を運んでみてはいかがでしょうか。
そして、自分はどんな家づくりをしたいのか、知識を蓄え、イメージをかためていけば、自ずと答えは見えてくるはずです。
isさん:
なるほど〜、非常に勉強になりました!
これをもとに依頼先を検討したいと思います!
以上、今回は「家づくりって結局どこに頼めばいいの?」をお送りしました!