土地探しのポイント 〜その1〜

posted in: webmaga | 0
moreさん:
こんにちは、is moreのmoreです。
isさん:
む〜。
むむむ〜…。
moreさん:
あれ?
isさん、ウェブマガ始まりましたよ?
もしもーし。
isさん:
え!?
あっと、これは失礼しまいたー(汗)
こんにちはisです(^o^)
moreさん:
いつになく難しい顔してますね〜。
住宅情報紙の他に、地図まで広げて…なにをしていたんですか?
isさん:
いやね、家を建てるならどこがいいかな〜って。
今住んでいるところに近いところが住みやすいのかな〜とか、いっそ閑静な住宅街がいいか、はたまた歩いて飲みに行ける駅近がいいのかー!?…なんてね。
moreさん:
なるほどなるほど。
「親から土地を譲り受けます」とか、「土地と建物とセットで買いますから」という方にはあまり関係のない話ですが、注文住宅をオーダーする多くの方にとって、土地探しは非常に重要ですもんね。
isさん:
そうでしょうそうでしょう!
賃貸と違って、一度その土地を買って家を建ててしまえば、そうそう引っ越すことはないですからねー。
moreさん:
では今回のテーマは土地探しのポイントについてご紹介しようと思います
isさん:
いざ家を建てるぞ!ってなっても土地がないと家は建たないわけですから、なにはともあれまず土地だ!と考えてたら、難しい顔になってしまいましたよ〜。
土地探しってのも大変ですよね…。
moreさん:
そう感じるのも確かに当然です。
でもだからといって、「家のこと考える前に土地を見つけるのが先決だろ!」というスタンスには、ちょっと待って、と言いたいですね。
isさん:
あれ?
そうなんですか?
moreさん:
家づくりをはじめるとき、あなたが欲しいのは「土地」ですか?「家」ですか?
あなたが暮らすのは「土地」にですか?「家」にですか?
isさん:
うーん、「家」ですかね。
moreさん:
「家」でしょう!
どんな家を建てたいか、そこでどんな暮らしをしたいか、がいちばん大切なことです。
そりゃあ「いい土地が欲しい」とリクエストすれば、不動産屋さんは「これはいい土地ですよ」と紹介してくれます。
でも、誰にとっても「いい土地」というのは、とても高いものです。
isさん:
ああ…確かに。
この場所いいな〜って思っても「総予算」から考えると、そこまで土地代に出せないな〜って値段だったり。
お!安いぞ!って思ってよく見ると、めっちゃ土地が狭かったり、ココハドコデスカ?って場所だったり…。
041photo-2
moreさん:
大事なのは、そこがあなたにとって、あなたの家にとって「いい土地」であるかどうかです。
isさん:
自分にとっての「いい土地」ですか…。
moreさん:
そうです。
そのために、まず土地探しをする前に、どんな家を建てたいか、住宅メーカーやビルダーと打合せをすることからはじめるべきだと、私は思いますよ。
isさん:
な、なるほど〜。
なんかいきなりつまずいてしまった感がありますね…。
moreさん:
「こんな暮らしをしたい」→「ならばこんな家がぴったりだ」→「その理想の家を実現するために最も適した土地はどこだろう」… こういった流れがあってこそ、あなたにとっての「いい土地」の判断の基準が見えてくるのではないでしょうか。
isさん:
じゃあさっそくビルダー探しに…。
moreさん:
ちょっとちょっとまあ、isさん、とはいえ慌てないでください。
せっかくですので予習ということで、仮に「こんな暮らしがしたい」「こんな家がぴったりだ」と決まっていると仮定して、じゃあどう土地を探して行くかお話ししていきましょう。
isさん:
お!いいですね!
是非よろしくお願いします!