家づくりのお金の話【ローン編】 〜その4〜

posted in: webmaga | 0
isさん:
こんにちは、is moreのisです(^o^)
moreさん:
こんにちは、同じくmoreです。
isさん:
前回は住宅ローンにある3つのタイプをご紹介いただきましたね。
金利の比較検討をして、さらにどのタイプで借り入れするか…。
考えることがいっぱいですね(汗)
moreさん:
ほっほっほ、そうですね。
ですが、金利のところでもお話ししたように、初めは小さな差でも10年、20年、30年となると、金額に大きな差がでてきます。
後々後悔のないように、しっかり検討していってほしいですね。
040photo-1
moreさん:
さて、「固定金利型」「変動金利型」そして「固定金利選択型」の3つのタイプをご紹介しました。
これらははどれも一長一短です。
isさん:
ですよね〜。
今の金利でずっといくのか、でももしからしたら金利が下がるかもしれない…。
でも返済額が決まって見えていた方が安心だな〜とか…。
moreさん:
そうですねー。
「今の金利で十分満足、支払いのトータルが分かった方がいいなー」という方は固定金利型がよいでしょう。
「できるだけ低い金利で契約したいし、今後の世の中の動向を考えてもそんなに金利が上昇することはないだろう」と考える方は、変動金利型がよいかもしれません。
「とりあえず現状の金利で支払って、また数十年後の動向を見て考えたい」って方は選択型がいいでしょう。
自分たちの暮らしに負担のない返済は、3つのタイプのうちのどれなのかをじっくり考えてみましょう。
040photo-2
isさん:
といっても何から考えたらいいか…。
手始めにすること、やったらいいことってありますかね〜?
moreさん:
それにはまず自分たちの「人生のマネープラン」を作ってみてください。
これからの仕事の収入の変化、出産、育休、子どもの進学時期や教育費、子どもたちがいつ家から巣立っていくか、クルマを買い替える時期、退職金、老後などなど。
そして、そのプランと照らし合わせて、無理のない返済をするには、どうすればいいかを考えてみてください。
isさん:
マネープランですか…。
ちょっと苦手だな〜(汗)
子供の頃夏休みの計画とか立てても、それ通りにいったためしなかったんですよね〜。
moreさん:
自分一人で考えるのが不安、夫婦だけでは答えを出すのに不安…ということなら、親御さんにアドバイスを求めたり、ファイナンシャル・プランナーなどの専門家に相談するのもありです。
むしろ、そうしてください。
第三者の客観的な意見を聞くことは大切ですよ。
逆に、このタイミングだからこそ、自分のお金のことを見つめ直すいい機会だと考えてみてください。
家を建てる、ローンを始めるとならなかったら、こうした経験もできなかったかもしれないのですからね。
isさん:
「ものは考えよう」って前向きに捉えましょうかね(笑)
moreさん:
そうです!
そして、どんな意見が出てこようと、でも最後に決めるのは、自分なのですから!
isさん:
なるほど。
では、家づくりの妄想ばかりだけじゃなくて、自分のお金のプランもしっかり考えましょうかね。
moreさん:
その意気です!
ちなみに、現在の住宅ローンの金利を知りたい方は、「住宅ローン 金利」などのキーワードで検索すれば一発で比較サイトなどが出てきます。
ローンシミュレーションを使えば、月々の返済額にあわせて借り入れできる金額などもウェブ上でわかりますので、どんどん利用してみましょう。
住宅ローン金利を調べて、「金利、低っ!」と感じたら、もしかしたらそれは家づくりをはじめるいいチャンスかもしれませんよ。
isさん:
というわけで今回は「家づくりのお金の話【ローン編】」をお送りしました。
moreさん:
ご利用は計画的に!