家づくりのお金の話【総予算編】 〜その1〜

posted in: webmaga | 0
isさん:
こんにちは、is moreのisです(^o^)
moreさん:
こんにちは、同じくmoreです。
isさん:
moreさん、moreさ〜ん!
家っていったいいくらあれば建つんですか?
moreさん:
おお、isさん、突然どうしました!?
すごくざっくりした質問ですね(笑)
isさん:
いや〜、だって漠然と家を建てたいな〜っと思っても、やっぱり考えるのがお金のことですよ!
結婚したり、子どもが生まれて賃貸の部屋が手狭になったり、古い家をそろそろ建て替えたいな〜と思いはじめたり、「新築の家を建てたい!」という気持ちになったとき、誰もがその次に考えるのは、「で、家っていくらするんだろう。ウチって貯金いくらあったっけ?」という話ですよ!
moreさん:
ふむふむ、なるほど。
では、今回は家づくりのお金の話をしていきましょう。
034photo-1
moreさん:
ちなみにisさんは家づくりとなったらどのくらいのお金を考えますか?
isさん:
まー、そうですね〜。
なんとなく3,000万くらいですか?
それくらいならローン組めば普通にいけるんじゃないかな〜と思ったりしますかね。
moreさん:
ふんふん。
モデルハウスなどの建売情報のチラシを見てるに、だいたいそんなところでしょうかね。
isさん:
でもですよ!
家を建てた知人の話を聞いたんですが、「新聞の折り込みチラシを眺めたり、住宅雑誌をめくったりして、『お、この家カッコいい。2,900万だって。こんな家いいじゃん、こういう家を建てよう』と、その気になったはいいものの、同じような家をハウスメーカーにオーダーしたら、最終的に大きく予算オーバー」だったそうなんですよ。
結局、理想と全然違う普通の家が建ちました、がーん… という話なんですよ〜。
034photo-2
moreさん:
なぜそんなことが起こるのでしょう?
isさん:
え?
そりゃー、ハウスメーカーがこっちのわからないところで水増ししてるからじゃないですか?
moreさん:
いえいえ、そんなことはありません。
認識の違いです。
答えは簡単。
「家の値段」=「家づくりの値段」ではないからです。
isさん:
家の値段は家づくりの値段ではないー!?ですか?
moreさん:
はい。
家を一棟新築するためには、家そのものの建築工事の費用の他に付帯費用、土地代、支払わなければならない諸経費や維持費、ローンの金利など、様々な費用が発生します。
isさん:
そんなにあるんですか!?
moreさん:
チラシに掲載されている販売価格はそれらもろもろ含めてという場合が多いですが、一から家を建てるとなると家そのもの以外の費用まで考えねばならないのです。
次回詳しくその費用についてお話ししていきましょう。