スポーツ好きの家づくり ~その2~

posted in: webmaga | 0
isさん:
こんにちは、is moreのisです(^o^)
moreさん:
こんにちは、同じくmoreです。
isさん:
前回は”スポーツ観戦を家で楽しむ”のアドバイスをもらいました!
さっそく客室を専用ルームに模様替してみましたよ(笑)
moreさん:
おお!
本当にさっそくですね(笑)
isさん:
自分はスクリーンとプロジェクターを買ってきて、セットして観戦してみました!
お客さんが来たら、スクリーンを閉じて、プロジェクターを片付ければ客室へ早変わり。
それ以外ときは観戦ルームとして存分に使えるようになったので、週末の楽しみが増しましたよ~(笑)
moreさん:
それは良かったですね!
では、今回はスポーツを観るよりも、実際に楽しむ派の人へのお話をしましょう。
isさん:
お願いしま~す(^o^)/♩
062photo-1

moreさん:
さて、スポーツを観るよりも、実際に楽しむことが主体ならば、ぜひ考えたいのが”間取りの動線”です。

isさん:
“間取りの動線”ですか!?
moreさん:
はい。
特に、子どもにスポーツをさせたい、部活動やクラブ活動を頑張って欲しいと思う親にとっては、子どもが砂まみれ、あるいはどろんこで帰ってくる、ということを意識した間取りが役に立つでしょう。
isさん:
はは~。
たしかに、シューズやトレーニングウェアなんかは汚れて当たり前…雨が降った日には玄関なんて大惨事ですもんね(汗)
moreさん:
具体的には、玄関からお風呂場が近く、家のなかを汚さず身体をすぐに洗いに行ける動線を考えてみてください。
そして、そこで脱いだ汚れたジャージや運動着を、お風呂場で下洗いしてすぐに洗濯機に放り込めるよう、お風呂と洗濯機の距離をできるだけ近くすることが挙げられます。
isさん:
なるほど。
それだと家に運んだ汚れも最小限のところで抑えられそうですね!
062photo-2
moreさん:
また、たとえば深夜や早朝にジョギングをする習慣のある人は、早起きして準備をして家を出るまでの過程で家族を起こして迷惑をかけてしまわないよう、寝室から家を出て走り出すまでの動線がスムーズだと便利です。
isさん:
ああ~、確かに。
休日の朝なんかだと、他の家族がゆっくり寝てるところに、着替えだなんだと準備してる音って、周りが静かなだけにけっこう響いたりしちゃいますもんね~。
moreさん:
そうでしょうそうでしょう。
さらに言うと、その動線は、ジョギングを終えて汗をかいて帰ってきて、すぐにシャワールームに直行できる、というところまで自然な流れで進行すると、とても素敵なジョギングタイムになるはずですよ!
isさん:
おお~。
準備して出かけるまで、そして終わって帰ってきてからの流れの環境も整っていたら、日々のトレーニングにも心置きなく取り組めるってもんですね!
moreさん:
ふっふっふ。
では次回もさらにスポーツを楽しむ家づくりのアドバイスをしちゃいましょう!
isさん:
是非お願いします!