高気密・高断熱ってどういうこと?ーその2ー

posted in: webmaga | 0

 

 

 isさん:

こんにちは、is moreisです(^o^)

 

 

moreさん:

こんにちは、同じくmoreです。

 

 

isさん:

ではmoreさん!

前回に出てきたキーワードの「高気密」と「高断熱」についてお願いします!

 

 

moreさん:

はい、ちょっと長くなるかもしれませんが、ゆっくり聞いてくださいね。

 

 

moreさん:

まず、「高気密」というのは、家のなかの空気と外の空気がしっかりと遮断されているということです。

すきま風が吹き込んだり、すぐに家のなかの温度が外と同じになったりしない、ということですね。

気密性が高いと、家のなかの保温がしっかりできるため、適切に換気をしてやることで、生活環境がとても快適になるんですよね。

 

 

isさん:

なるほど~。

すきま風が入ってくるって家は確かに気密がしっかりしてないって感じしますもんね。

 

 

moreさん:

そして、一方の「高断熱」というのは、屋根や壁や窓を通して外の温度が家のなかに侵入しないよう、きっちりと家のなかと外の温度を区切れている、ということです。

ちょっと難しく言うと、室内外で「熱エネルギーの交換が少ない状態」ですね。

 

 

isさん:

ほうほう。

外が雪ならその冷気で家の中でも寒く、夏のカンカン照りでは家が暑苦しい…って悩み抱えている家は熱の交換が激しいってことなんですね…。

 

 012photo-1

moreさん:

そうすると「高気密」「高断熱」の家の室内温度は適切に保たれ、さらにどうしてエコなのかということも説明がつきます。

 

 

isさん:

お!

でました、住宅雑誌や折り込みのチラシなど目にするうたい文句ですね。

 

 

moreさん:

はっはっは(笑)

というのは、高気密・高断熱の家は、外の温度や空気の影響が少ないのですから、冷暖房効果が抜群に高くなるのです。

 

 

isさん:

夏は冷房、冬はストーブにこたつの暖房器具は季節の生活に絶対欠かせないですからねー。

どうしたって電気代がかさみますもんね~。

 

 

moreさん:

冬に、エアコンもストーブも延々とつけ続けて、その上厚着もしないと寒くて仕方ないという家があれば、「え、エアコン一台だけでこんなにも暖かいの?」という家もあります。

高気密・高断熱の家はもちろん後者です。

少ないエネルギーで、しっかり家のなかの温度を調整し保温できる、つまり冷暖房のランニングコストを抑えれる、家計に優しい家、ということです!

 

 

isさん:

なるほどー!

冷暖房効果の無駄が少ないってことですね。

それはエコですねー!

 

 

moreさん:

さらに次回でも高気密・高断熱の家の恩恵についてお話ししましょう。

 

 

isさん:

お願いします!