「注文住宅」のもったいない話ーその1ー

posted in: webmaga | 0

isさん:

みなさん、こんにちは!

moreさん、さっそくですが今回のテーマはどうしましょう?(笑)

 

moreさん:

本当にさっそくですね~(笑)

それでは今回は、みんなが憧れる「注文住宅」のちょっともったいない話しをしましょう。

 

isさん:

おお!「注文住宅」ですか!

いやー憧れますよね~。

建売ではなく、自分たちの価値観やライフスタイルにぴったりの家を一から創るというやつですね!

 

moreさん:

家づくりを考えるほとんどの人はそうした理想の家をまず考えると思います。

やっぱり自分たちに合った暮らしやすさ・住み心地を求めるのが自然だと思います。

 

isさん:

さすがに「暮らしにくくて上等!」「自分たちの生活を無視してでも家を建ててほしい!」という人はまあ、まずいないでしょうしね。

005photo-1

moreさん:

そこで気を付けて欲しいのが、実は注文住宅って「家づくり」の面では無駄がとても多いことを知っておいて欲しいのです。

 

isさん:

「無駄」ですか?自分たちの理想にそった家をつくるのだから「無駄」なんてないんじゃないですか?

 

moreさん:

「注文住宅」だからと、あれもこれもと希望をぜんぶ叶えようとするほど、それを実現するための、手間と時間がとてもかかるのです。例えば、お風呂やキッチンなどの仕様から、それを叶える職人さんの技術や資材の調達にいたるまで、さまざまな労力を要します。そして、それらはもちろん最終的に「コスト」として反映されるのです。

 

isさん:

おお…確かに…。「注文住宅」って憧れるけど、すっごく高いイメージがありますもんね。

やっぱり「注文住宅」は敷居が高いですよね~。

 

moreさん:

だからと言ってあきらめないでくださいね(笑)

多くの人がイメージする「注文住宅」には「無駄」があり、それがもったいないということをお伝えしたいのです。

そして、そうした「無駄」を省くことができたら、理想の家を一から創る選択肢を、もっと現実的に持っていただけるんじゃないかと思うんですよね。

005photo-2

isさん:

おっ!なるほど!それで今回のテーマですね!

 

moreさん:

そうです。そして、やり方や考え方によっては「無駄のない注文住宅」もつくれるということを、ぜひ覚えておいていただきたいのです。詳しくは次回のウェブマガでお伝えしていきましょう。

 

isさん:

それじゃあ自分にも他に二つとない家がつくれるかもしれないんですね!

是非よろしくお願いします!