リノベーションのワクワク感とコスト感

posted in: webmaga | 0
isさん:
中古住宅を現代のライフスタイルに適した住まいへ再生するリノベーション!
なんだか言葉の響きまでもがおしゃれに聞こえてきましたよ(笑)
moreさん:
すっかり気に入ってしまったようですね(笑)
是非、年季の入った家に住んでいる人には知ってもらいたい言葉ですね!
isさん:
最近じゃあ、都心の古いアパートや中古住宅をわざわざ買って、そこをリノベーションして住もうとする若者も増えてきましたもんねー。
moreさん:
そうですね。人気の高まってきた要因には、なんといってもリノベーションの魅力がそうさせていると思います。以前の主流だったリフォームとは違って、ただ中古住宅を改修するだけじゃなく、新しいものを創り出す、そのワクワク感があるからと言っていいでしょう。
isさん:
これまでになかった、新しい「価値」ですもんね!ただの古い家が、「やべー、古民家の魅力を残しつつも、モダンで家具も素敵でカッコいいー!こんな素晴らしい空間で暮らしたーい!」っていうモチベーションにさせてくれますからね。
moreさん:
自分の洋服を自分の好みで選び組み合わせるかのように、自分のニーズに応じて自由に自分らしさを表現することができるのも楽しみ方の一つでしょう。
004photo-1
isさん:
そうすると、家の購入を検討するときには、新築だけでなく中古物件もひとつの選択肢として増えそうですね!
moreさん:
特に人気の居住エリアでは新築を戸建てのマンションを探すのは大変ですからね。物件の選択肢が増えるのは自分のライフスタイルをより良くすることにも一躍買うと考えられます。
isさん:
いくらいい家でも、住む場所っていうの重要ですからね。
moreさん:
限られた土地開発地の中から選ぶ新築と違い、住みたいエリアの駅から徒歩5分以内とか、閑静な住宅地や水辺で暮らしてみたいなど、ちょっとした環境の条件を満たす戸建やマンションを探し出せる可能性も出てきます。
isさん:
人気エリアなんかだと土地代だけでもかなりお金がかかりそうですもんね~。
moreさん:
そこへいくとリノベーションの場合、費用の面でも新築の家を建てるよりも、中古住宅を購入してリノベした方が費用を安く抑えられます。新しい家を建てると、「建物だけで、最低一千万くらいはみないとかな…。やっぱ二千万くらい必要かな…。思い通りの家にするなら三千万はいるのかな…」といろいろ「最低ライン」を考えてしまいますが、リノベーションの場合は、家はもう建っているわけですから、最悪0円でそこに住めばいい。あとは自分の予算次第で、自由に内装を変更できます。
004photo-2
isさん:
物件の選択肢が増えてコスト的にも抑えることができるのはリノベーションのメリットってわけですね!
moreさん:
格安の住宅を買って、フルリノベーションするもよし。それなりにいい感じの(だけどちょっと気に入らないところのある)住宅を買って、ピンポイントでリノベーションするもよし。自分の生活状況や経済状態にあわせて、柔軟に家づくりをできるのが、リノベーションのいいところです。 是非検討してみてくださいね!